古道を辿って岩魚釣り 楽園編

テント場まで1匹も泳ぐ魚が見えず、また沢入り口には新しい釣り人の足跡があり、不安を隠せずにはいられなかった。テントを張りながら目の前の流れの先行きを考えていたが、ふと後ろを見たときテント場前にある良淵に大きな魚がライズする姿があった。そして飲みものを冷やしに川に降りていガッキーからも、「沢山泳いでいますよー!」との声が。バテ気味でガッキーに遅れてテントを張っていた私も大慌てで支度にかかる。ガッキーは早く釣りたい様子で目の前の淵でキャス練。13時から二人揃って釣り上がりを開始した。
テン場前の流れは水の透明度が高く底まで見える。先行者がいるかも・・・・という不安を抱きながら釣り開始。至るところがポイントだ。私はガッキーの後追いで竿抜けを主に釣っていた。

 


ガッキーがイワナの典型的なポイントを探り、次なるポイントへ向かう時に、瀬尻(肩)を流すのを忘れていることを伝える。実は先ほどから肩の部分に行ったりきたりする魚を目撃していた。ガッキーも肩がポイントということを知らなかったとのこと。ガッキーのパラシュートが肩を流れる筋に入り、ここぞという場所から飛び出してきた。穂先を曲げてブルブルを楽しんでいる。丸々と太った9寸サイズ!勿論ネイティブのものだ。
沢の下流部(上流へは行ってないのでわからないが)は蛇行しながら流れているので屈折部には必ず淵が作られている。淵の上部は釜となり下部は浅く白い砂を水が流れている。良型は釜の中、ウブなイワナ(番兵イワナ)は流れが緩い浅い部分に定位しているものが多く、これに気付かれて釜に逃げられるとそのポイントは終わりということが多かった。


遠回りして対岸に渡り身を低くして釜を狙う。頭上の枝には細心の注意が必要だ。釜の両脇には必ず緩流部分があり、巻き返しているか白泡を浮かべているかで捕食のポイントが多い。パラシュートを白泡に強めに打ち込むと、底に張り付いたイワナも上がってくる。勢い余って針を咥えたままジャンプする魚もいるほどだった。
次から次へと良型がかかる、生かしネットも重くなりデポするほど。32cm、31cm、泣き尺多数、9寸わんさか!いつもなら9寸サイズで満足だが小さく見えたほど良型が揃う。

 


山中の夕暮れは早く、まだ焚き火も食事も用意していないので4時半には竿を収めようとしたが・・・ガッキーの後ろの流れ、細い筋の底にでっかい魚を発見した。私は帰り支度が出来ていたのでガッキーに狙ってもらった! 1発で来た!これもデカイ!31cmあった。
然程距離は釣ってなく20分ほどでテント場へ戻れた。着替えを済ませ、ガッキーは焚き火係、私は食事と岩魚係となる。湿気った蒔きで焚き火に時間がかかったが、豚肉の塩チャンコ鍋、イワナとマッシュルームのアヒージョ、塩焼きを作った。来たときには気付かなかったが、蚊がブンブンとまとわり付いてくる。しかし二人とも今日の釣果に大満足で焚き火脇で寝転がりながら饒舌になって行った。

 

 

朝5時、胃の違和感で目覚める。アヒージョ(オリーブオイル煮)の食いすぎのようだ。ガッキーも目覚め、同じ事を言っている。食欲もないが塩ラーメンで朝食にする。
帰りはきっと駐車場まで6時間以上かかるだろうという読み(ガッキー単独ならもっと早いけど私が足を引っ張った)で、9時にテント場を出発することにした。ガッキーは支流の沢を詰め上げたかったようだが、とてもとても・・・私に体力ありません。私が撤収作業をする間、ちょこっと釣りしてくるとのことで、テント場前で竿を振ったら直ぐ!パラシュートで31cm!!昨日ライズしていた魚のようだ。

 

 

撤収作業も終えたのでガッキーを戻して8時50分出発。行きの転げ落ちるような急下降を今度は登っていく。全てのものに湿気があるので、食料、飲み物がなくなっても然程行きと変わらない重さ。1歩1歩、牛歩で登る。行きもそうだったが、帰りもお互いのペースで、もちろんガッキーが先頭で行ってもらい要所要所で待ってもらうようにした。帰りは登りが多く、藪の下が見通し聞いたので古道に迷わないで14時15分に林道終点に到着することが出来た。

 

スポンサーサイト

コメント