伝承毛鉤の巻き方

 

毛鉤巻きの基本となる伝承毛鉤の巻き方です。
水面直下を自然に流す毛鉤ですが、竿の操作で意識的に浮かせる、沈ませることも出来ます。

テンカラの王道毛鉤です。

 

1.バイスにフック(針)をセット

フックが水平になるように挟みます。

フック・ポイント(針先)がジョー(バイスの先端)からはみ出していると、作業中にスレッドを切る原因になります。

ポイントが隠れるように挟むほうが安全です。

 

2.下巻きをする

ボビンホルダーにセットしたスレッドを少々引き出し、フックのアイ部分から下巻きを始める。

引きだしたスレッドをフックに巻きつける要領で針の水平部分に丁寧にそして密に巻きこみます。

左指で引っ張っている糸の上に時計回りでのせていく感じです。

この下巻きをしっかりしておかないと、今後フックに付けるボディー材、ハックル材が緩んでしまい、実釣時に毛鉤自体がばれてしまう原因になります。

ゆっくり丁寧にベントまで巻く

余分なスレッドをカット

 

3.ボディーを作る

接着剤などで留めるわけではありません。毛鉤作りは全て下巻きから始めたスレッドで固定させます。

今回は簡単に出来る毛糸をボディー材とします。

適当な長さに毛糸をカットし、毛糸の端をフックのベント部に固定します。

固定するにはスレッドをフックに巻き付けて毛糸を固定させることです。

毛糸を固定しながらスレッドをアイまで巻く

毛糸をフックに巻きながらアイ手前まで巻きこみ、スレッドで毛糸を固定する。

ハックル(蓑毛)を巻くスペース2〜3mm程を空けておきます。

 

応用編1(ボディーに模様を入れる)

縞模様などのアクセントを毛鉤のボディーに入れる際、細い針金などを使用します。

ボディー材を巻く前にフックに固定します。

次にボディー材を固定する

ボディー材を先に巻く

アクセントをボディーに巻き、余分はカットする

 

応用編2(ボディー材を使う)

ラビットファー、繊維綿などをボディー材にするには、少量ずつスレッドに絡みつけてフックに巻き付けて行きます。

ファーのモサモサが虫らしくなります。

ボディーにアクセントを付けたり、様々な色を使うことで、自分だけの色々なパターンを自作することが出来ます。

 

4.ハックルを固定する

 

安価なコックサドル、車の毛バタキでも十分です。羽根には裏と表がある。

上の艶があるほうが表、下の若干白っぽくなっているほうが裏。

伝承毛鉤を作成する際は裏がベント側、表がアイ側になるよう巻きます。

毛の長さはゲイプ(針のボディーと針先の幅)の1.2倍程の長さがバランスよく出来ます。

 

フックに羽根を固定する際、下側の羽根を取って芯を出し、スレッドでフックに巻き付けて固定します。

羽根の表がアイ側になるよう、パラリと2〜3回巻きます。

このハックルの巻き回数を増やすことによって、浮き易い毛鉤にすることも出来ます。

羽根の余りをカットし、投げ縄結びでスレッドを2回ほど結びます。

最後にニードルの先端に接着剤(マニキュア)をとり、アイに塗ります。

この際に、ハックルとアイに接着剤が付かないように注意してください。

接着出来たら、スレッドをカットして完成です。

羽根の色、ボディーの色、ボディーの材料、ボディーの形など変えれば、バリエーションに富む毛鉤が出来ます。

スポンサーサイト

コメント