テン泊装備品の紹介

テン泊釣行の装備を整理がてら紹介します。

以前はモンベルの軽量ザック55Lを担いでいましたが、やはり諸先輩方から聞いていた通りになりました。重いのは辛いです!

試行錯誤するなかで、四角大輔さんの「バックパッキング登山入門」と出会い劇的に変わりました。

釣行場所としては上流〜源流が対象で、概ね1〜2泊の想定です。

人の装備って気になりますよね!ではご紹介します。

 

【ザック・インナー・ポーチ】

 

ザックは「山と道」のTHREE、45L。余計なものがついてなく、とにかく軽い。

インナーですが雨避けのザックカバーを持たない変わり、濡れて困るものはシートゥサミットのドライバックに全て詰め込んでいます。ザックと大体同じ容量40Lのものです。

行動中に使用しそうな細かいものなどは、パーゴワークスのポーチ「P2」に細引きを通しサコッシュのようにし使っています。釣行時は中身を入れ替え、テンカラ用具を入れます。

 

【幕営用具】

 

幕営(バクエイ)なんて言うとダサいかな?要は寝床周辺のものです。

これは条件次第で変えています。一番軽くて雨も凌げるのがタープだけなのですが、これ私は苦手。屋外でも屋根があって壁があってという自分だけの空間を作っています。

天気予報で全く天気の心配がないときはファイントラックスのツェルト供天気が危ぶまれる時はアライテントのエアライズ気砲靴討い泙后1を凌ぐためのタープは、現在はソルのエマージェンシーブランケットを改造したもの2枚を持っていきます。

グランドシートはタイベックスシート、テント内にフロアシートを敷かない変わりに、ソルエマージェンシービビィの中にシュラフを入れ、シュラフの中にエアマットを入れています。ツェルトは特に夜露が激しいので、水滴を落とすためのスポンジも持ちます。

あとは細引きとペグを必要本数分。これをグラナイトギアの2気室の袋に全て入れています。

 

【寝具】

 

テン泊釣行は暖かくなってからが多いので、シュラフは夏向きのイスカのウルトラライトを使用しています。軽量、コンパクトでまさしくウルトラライト!枕は同じくイスカのものですが、起きた時に頭の下にあったことがありません。マットは銀マットから始まって色々と使用してきましたが、今はクライミットのスリーピングパッドです。今まではザックの外付けのもので、ザック幅が肩幅を越えて邪魔になるときが多々あったので、エア式で畳めるものにしました。

 

【調理器】

 

これも条件で変わってきます。4〜5人で行き、宴会は鍋を囲んで・・・なんて時は生の食材持って、大鍋持って、各自食器持って・・・となりますが、最近は焚き火を頼りにして、食事もアルファ米、湯せん食料など簡単なものにしています。要はお湯沸かせて、岩魚の塩焼き出来て、コーヒー飲めればそれで十分なのです。一応焚き火が出来ないときに備え、固形燃料のストーブを持って行きます。

よって焚き火缶の中と小、自作の五徳、風除け、チタンマグカップ、のこぎり程度になりました。食器は焚き火缶の蓋を利用します。

 

【着替え】

 

釣りを終え、テン場に戻り着替えする前に小さな火を作ります。火は出ていないけど、息をかければ枝が赤くなる状態が続けばOKです。この状態になったらテントに潜り着替えをします。山の夜は寒くなります。軽量のスウェットパンツ、速乾性の長袖シャツ、ベストを着ています。靴下は踝までのものは蚊に刺されますので注意が必要です。それに軽量のサンダルシューズを履き、頭には手ぬぐいを喧嘩かぶりして禿げ隠ししています。

着替えが出来たら外に出て本格的に焚き火を起こします。薪をくべて、新聞紙を被せ、白い煙が出てきたら内輪を勢い良く振れば一気に燃え上がります。

 

【小物類】

 

たかが1泊ですが人間様が外で生活をするとなるとけっこう物が必要になってくることがわかります。それでも以前よりはかなり減ってきました。余計なものは小物類が多いのですが・・・

トイレットペーパーはイスカの専用ケースに入れ、小さなシャベルも入れてます。芯を抜く派、抜かない派があるそうですが、私は芯を抜いて真ん中からペーパーを出すようにしています。

薬類はかなり使いますよ。胃薬、頭痛薬、正露丸、ムヒ、消毒液、包帯、ポイズムリバー、湿布薬など。グループで行く際、人が持ってきているだろう思うのは危険です。必ず個人で用意するべきです。

ヘッドランプは勿論暗くなった屋外で使いますが、モンベルの紙製ランタンを付けて、テント内でも使用します。私は真っ暗が苦手なので一晩中点けています。

洗面具も私には重要な位置にあります。髭が濃いので必ず朝シェービングし、クリームまで塗るほどです。人それぞれルーティンがありますよね。

それと充電器。今や携帯電話は必需品ですし、カメラ代わりにしているのでバッテリーの消耗が激しいです。ヘッドランプの予備電池も持っていきます。新品を入れて行きますが、1回使用したら捨てるようにしています。アタックザックはイギリスのアウトドア通販で、数百円で買ったものですが、20Lもあり軽くて重宝します。

補助ロープは7mmを10m。ちょっとした下りに使ったり、物干し、ツエルトの吊るしあげにと必ず個人で持つべきものです。

 

以上がテント周りの装備になり、これに釣り関連の装備がプラスになります。

釣り関連の装備はまた紹介したいと思っています。

テン泊用具もどんどん進化して、お金をかければより軽く、快適な時間を過ごせるものが続々出てます。でもそこまでの余裕がありませんし・・

東京の三鷹にあるウルトラライト用品専門店「ハイカーズデポ」の土屋さんとお店で話をしたとき、用具を軽くしても所詮はお酒で重くなっちゃうんですよ。と言っておりました。

お酒を1本でも多く持っていくためにウルトラライトを目指しているような。

スポンサーサイト

コメント

はじめまして!
ブログいつも楽しみに読んでおります。
使い込んだ道具達かっこいいですね!
源流釣行や沢泊憧れます!