古道を辿って岩魚釣り 楽園編

テント場まで1匹も泳ぐ魚が見えず、また沢入り口には新しい釣り人の足跡があり、不安を隠せずにはいられなかった。テントを張りながら目の前の流れの先行きを考えていたが、ふと後ろを見たときテント場前にある良淵に大きな魚がライズする姿があった。そして飲みものを冷やしに川に降りていガッキーからも、「沢山泳いでいますよー!」との声が。バテ気味でガッキーに遅れてテントを張っていた私も大慌てで支度にかかる。ガッキーは早く釣りたい様子で目の前の淵でキャス練。13時から二人揃って釣り上がりを開始した。
テン場前の流れは水の透明度が高く底まで見える。先行者がいるかも・・・・という不安を抱きながら釣り開始。至るところがポイントだ。私はガッキーの後追いで竿抜けを主に釣っていた。

 


ガッキーがイワナの典型的なポイントを探り、次なるポイントへ向かう時に、瀬尻(肩)を流すのを忘れていることを伝える。実は先ほどから肩の部分に行ったりきたりする魚を目撃していた。ガッキーも肩がポイントということを知らなかったとのこと。ガッキーのパラシュートが肩を流れる筋に入り、ここぞという場所から飛び出してきた。穂先を曲げてブルブルを楽しんでいる。丸々と太った9寸サイズ!勿論ネイティブのものだ。
沢の下流部(上流へは行ってないのでわからないが)は蛇行しながら流れているので屈折部には必ず淵が作られている。淵の上部は釜となり下部は浅く白い砂を水が流れている。良型は釜の中、ウブなイワナ(番兵イワナ)は流れが緩い浅い部分に定位しているものが多く、これに気付かれて釜に逃げられるとそのポイントは終わりということが多かった。


遠回りして対岸に渡り身を低くして釜を狙う。頭上の枝には細心の注意が必要だ。釜の両脇には必ず緩流部分があり、巻き返しているか白泡を浮かべているかで捕食のポイントが多い。パラシュートを白泡に強めに打ち込むと、底に張り付いたイワナも上がってくる。勢い余って針を咥えたままジャンプする魚もいるほどだった。
次から次へと良型がかかる、生かしネットも重くなりデポするほど。32cm、31cm、泣き尺多数、9寸わんさか!いつもなら9寸サイズで満足だが小さく見えたほど良型が揃う。

 


山中の夕暮れは早く、まだ焚き火も食事も用意していないので4時半には竿を収めようとしたが・・・ガッキーの後ろの流れ、細い筋の底にでっかい魚を発見した。私は帰り支度が出来ていたのでガッキーに狙ってもらった! 1発で来た!これもデカイ!31cmあった。
然程距離は釣ってなく20分ほどでテント場へ戻れた。着替えを済ませ、ガッキーは焚き火係、私は食事と岩魚係となる。湿気った蒔きで焚き火に時間がかかったが、豚肉の塩チャンコ鍋、イワナとマッシュルームのアヒージョ、塩焼きを作った。来たときには気付かなかったが、蚊がブンブンとまとわり付いてくる。しかし二人とも今日の釣果に大満足で焚き火脇で寝転がりながら饒舌になって行った。

 

 

朝5時、胃の違和感で目覚める。アヒージョ(オリーブオイル煮)の食いすぎのようだ。ガッキーも目覚め、同じ事を言っている。食欲もないが塩ラーメンで朝食にする。
帰りはきっと駐車場まで6時間以上かかるだろうという読み(ガッキー単独ならもっと早いけど私が足を引っ張った)で、9時にテント場を出発することにした。ガッキーは支流の沢を詰め上げたかったようだが、とてもとても・・・私に体力ありません。私が撤収作業をする間、ちょこっと釣りしてくるとのことで、テント場前で竿を振ったら直ぐ!パラシュートで31cm!!昨日ライズしていた魚のようだ。

 

 

撤収作業も終えたのでガッキーを戻して8時50分出発。行きの転げ落ちるような急下降を今度は登っていく。全てのものに湿気があるので、食料、飲み物がなくなっても然程行きと変わらない重さ。1歩1歩、牛歩で登る。行きもそうだったが、帰りもお互いのペースで、もちろんガッキーが先頭で行ってもらい要所要所で待ってもらうようにした。帰りは登りが多く、藪の下が見通し聞いたので古道に迷わないで14時15分に林道終点に到着することが出来た。

 

古道を辿って岩魚釣り アプローチ編

ガッキーと山形の荒川支流の渓へ行きました。
前日20時に我が家前で待ち合わせ。5
時間後に朝まで仮眠する道の駅小国に到着。テントを張って僅かな時間でも目を閉じたいのだが、前の国道を走るトラックの轟音、駐車場で遊ぶ若者の声でほとんど眠れず5時から支度を始めることにした。
入渓はまずは峰に至る林道から始まり、歴史ある神社の参道との合流地点を目指す。危なかしい道で何が起きてもおかしくない。参道合流点から数十メートル先にある林道脇の空き地に駐車する。まだ林道は続いているが、途中に崩落地があり林道終点まではいけない。
林道終点からは先人が築き上げた古道を着実に辿れば入渓出来るのだか・・・

歩き出して暫くは踏み後も広かったが、高度を上げ稜線歩きとなると幅数十センチほどとなり、片斜面は崩落し急なガレ斜面の稜線を歩くこととなる。

 


開けた場所では朝日連峰の山々も見える。古道はアップダウンを繰り返し、やがてブナ林の中に導かれ、ブナの木の古いナタ目を見ることが出来る。尾根を辿る踏み後も細くなり、倒木、笹などのブッシュで見え難く、たまに立ち止まり踏み後を探さなくてはならなくなる。
踏み後が見え難いところは赤テープが枝にぶら下がっているが、獣道か踏み後か区別出来ないところもあり、籔を漕いで踏み後に戻るというところもあった。幾つかの峰を越え、痩せ尾根の急下降となる。かなりの標高差を一気に下るので膝に応える。
やがて九十九折りとなり、川のせせらぎも聞こえ始めて本流に至る沢へ到着した。沢水で喉を潤し、沢に沿いを数分下るとやっと目的の川が現れた。平地が広がり大きな淵が上にも下にも広がった場所だった。

 

 

ここからは本流筋を上りテント場を目指す。滝などはないが深い淵で重たい荷物を背負いながらのヘズリを何度か強いられ、尻まで水に浸かる場所も現れる。
どうしたことか魚影は全く見かけないが、先にはきっと楽園があると信じ、50分ほどの遡行で支流合流点に到着出来た。
事前の調べで、左の沢に入り僅かなところにテント場適地があるとのことで、ガッキーが確認をしに行った。
10分ほど登った右岸の河原から1段上がる平地に幕場を構えることにした。

 


 

夏の様子を伺いに・・・

27日(火)しんちゃん、入門者マサさんと栃木の渓へ釣行しました。
ほんとは夏の涼を求める計画でしたが、山は秋の気配で寒いくらい。

台風の爪あとで林道も作業道も荒れ気味、今回は2時間で取水堰堤に到着することができました。
東俣沢を釣り上がる予定でしたが、水嵩が高く、水温も低いので取水堰堤から釣りあがりました。

 


水の勢いが強くポイントは白い流れに潰され、流れ脇、淵と限られました。
魚影は確認出来ますが、底に付いているようで反応がよくありません。
浅いポイントを選びドライ(パラシュート)で釣りました。

 


本流半ばのミニゴルジュを過ぎたあたりから魚の反応がよくなり各自型を数尾あげることが出来、入門者マサさんも大きな引きを味わうことが出来ました。
13時、二股の少し手前で退渓。足を引きずりながら17時近くに駐車場に無事帰還することが出来ました。
マサさんもテンカラにはまった?様子でした。

 


また来シーズン、今度はテント泊でゆっくりと釣行したいと思います。

小菅川源流

焚き火が出来ない源流釣行なんて・・・テン泊釣行計画はあっさり諦めた。

連日の雨・・・もううんざり!2回も計画を流された。
土日は常に用事を入れているが、以前から釣行計画があったので今週は何も入れていない。

土曜は家事手伝いとなったが、日曜は何もすることがない。2日間も家にいるなんて・・・無理!

年券もあることだし小菅川へ行くことにした。単独でも決行しようと思っていたが、渓山さんが「私も暇なんで・・・」同行してくれることになった。

 


漁協の駐車場に10時集合。自宅を出るときは霧雨状態だったが到着頃には青空も出始めた。そして蒸し暑い!このまま梅雨明けか?そう甘くはいかないようだ。
渓山さんの軽トラに先導してもらい林道の終点を目指す。軽トラは軽快だが私のVOXYは尖った岩を避けながら林道を右往左往して進む。大菩薩峠への登山口。白糸の滝、雄滝の駐車場は釣り人のものか数台が停車してあった。源流部といえども激戦区だ。雄滝の駐車場を過ぎ、大きなヘアピンカーブを曲がると林道の終点となった。やはり1台先行車がある。
車から降りると渓底からゴーゴーと水流が聞こえる。増水は覚悟していたがどこまでの増水か?
支度を済ませ踏み跡を頼りに渓へ下った。直ぐに堰堤が現れて右岸を巻いてから釣りを始めた。
増水は目に見えて判る。ポイントは狭くなり限られるが大場所も多い。降り始めから直ぐに二人に釣果があったが二尾とも手のひらサイズ。先へ期待するが・・・・納得のサイズが上がらない。もうこれ以上やっても!1時間程で退渓する。左岸の中腹に仕事道がありそれを利用し20分ほどで駐車場へ戻った。
一段下にある雄滝の下流をやることにした。駐車場に車はない。独占だ。
ここは今年のGWに観光で家族と来たところで、滝までは遊歩道があり超安全な場所。渓も水も綺麗でポイントも多い。こんな観光名所で釣れるのか?

 

 

遊歩道を10分ほど歩き、流れが近づいたところから入渓。どの石も緑の苔がびっしり付き保水力がわかる。増水は勿論なので、岩陰、エグレ、反転流などの穏やかな流れに毛鉤を打つことになる。降り始めて渓山さんが早々に逆さ毛鉤で良型を上げる。そして私のパラシュートにも食いついたがグーと引いた感覚が途中でなくなった。
観光客もいるので、あまり釣り人が入っていないのか?魚は濃そうだ。ポイントが限られるので二人交互で釣り上がる。幅5mほどの流れ、対岸に大きな岩が出っ張り見事なエグレがある。しかし水が高いのでエグレに毛鉤を入れるのはかなり難しい。エグレ手前に早い流れがあるが、岩にぶつかりエグレ方向に入っていく流れの筋を発見した。竿は3.5m、ラインは3.0m、ハリスは0.8号を一ヒロ。毛鉤はオーナーの本流テンカラ5号で巻いたブラックパラシュート。ピンクのポストなのでエグレなどに入っても視認性がよい。何回か打ち込み反転流にうまく乗ると波打つ流れに毛鉤を追う魚が見えた。かなりの良型だった。
フロータントを施し一息入れて再度打ち込む。筋が細く、エグレも狭いので一投では入らない。旨く流れに乗って、反転流に入ったところで「バシャ!」と水飛沫があがった。手ごたえも十分。硬い竿なので一気に引き抜き、こちら側の岸の流れに入れた。「尺あるぞ〜」と渓山さん。毛鉤はがっちり飲み込んでいる。メジャーで計測するとジャスト30cm。今年初の納得できる釣果だった。

 


滝壺まで釣りあがったが渓山さんはこの区間で5匹ほど良型を上げていた。
観光名所といっても小菅村の名所というだけでひっそりしたものだ。
まだ時間もあるので下へ下へと釣り場を移動したが、下に行くほど水が多くなり、最後のC&R区間は渡渉も困難なほどの水嵩だった。15時半これにて解散することにした。
小菅川は我が家から1時間40分ほど、漁協の管理も良く放流量も多いようです。年券も¥5,000と良心的。C&Rなどは足場がよいので家族で楽しめます。GWに我が家の次男がひとつのポイントで3匹上げました。小菅の湯もあるので釣り上がりにはベストです!
今週には梅雨も明けそうですね。


 

ヨセミテでテンカラ釣り

日本のヨセミテと言われる、レタスの産地長野県川上村へ行ってきました。
金曜17時半に立川を出発。最短ルートで廻り目平のキャンプ場受付の20時半ぎりぎりに到着。テントを設営後、鹿の光る眼を観察しながら豚肉とレタスのしゃぶしゃぶで宴会。昼間の仕事疲れと寒さで早め就寝。6時前に目覚め、一番乗りでキャンプ場内を流れる金峰山上流へ入渓。天気が心配だったがたまに日が差し込んでくれる。



しかし・・・連日の雨の影響だろうか?水温が10度あるか?とても冷たい。そして寒い!渓相はばっちり山岳渓流。ポイントも多いのだが・・・魚が見えない!そんな中でも三ちゃんは逆さ毛鉤でチビを上げた。集中力も続かず、大石を乗りこす体力も低下したので移動を決定、千曲川本流の上流へ足を向けた。登山口の駐車場にデポし、遊歩道から入渓。ここも渓相はよいのだが・・・水が多い。一度だけシロ泡のから毛鉤を追う良型をみただけ・・・・。

13時取水堤上流に二人の釣り人を発見!当然退渓!
やはりアクセスがよい場所は難しい!

水恵豊郷の渓へ

恒例の栃木の渓へ行ってきました。
10日ほど前から天気予報を見ていましたが、当初は雨マークがずらりと並び絶望的な予報でしたが、日が近づくにつれて晴れマークが出て予定通りに進めることが出来ました。
金曜夜に出発して道の駅で仮眠。6時に林道の駐車スペースから出発し8時に取水堰堤に到着出来ました。今回、巡視路の崩落場所を高巻きしなかったのが時間短縮に繋がりました。


本流を遡行しながら釣り上がり、二俣でテントを張る予定でしたが、高齢者2名を気遣ってもらい、今回は取水堰堤上にテントを張り2組に分かれることにしました。
三ちゃん、ガッキーの若手は東俣、西俣で釣り、渓山さんと私は本流筋を釣ることとなったのですが・・・今回、本流はダメでした。今年はまだ時期が早かったようです。水温は10度、気温も低く寒い。周りの木々も芽吹いたばかりの柔らかい葉で春がやっと訪れたという感じでした。本来本流筋は上流に行くほど魚影が多く、型もよくなるのですが・・・今回は全く魚を見かけませんでした。結果、本流筋では18cmほどのイワナが2匹。


左、右沢は魚影を多く見ることが出来、左に入ったガッキーが27cmと22cm、右に入った三ちゃんは33cm、32cm、他良型多数という結果になりました。左、右沢はまだ釣人に荒らされてない状況だったのかと思います。本流筋はキャンプの痕跡が数箇所あり、GWに荒らされた余韻があったのかと想像します。


翌日は取水堰堤の下流へ昼までやってみましたが、魚がスレていてちょっとした物音、影でもスーと逃げて行く姿を見ました。魚影は濃いと思いますがやはり有名な釣り場であることを感じました。
一昨年、昨年、同時期で良い釣果だったのですが、今年は少し早かったという感じです。来年はいつ行けばよいのか??年内にでもリベンジしようかと!

 

久しぶりに蒲田川

413日〜14日、渓山さん 三ちゃんと新穂高温泉郷を流れる蒲田川へ行ってきました。
13日7時に道の駅八王子滝山を出発し11時には現地に到着出来ました。
東京は桜が散り始めましたが、新穂高は蕾の状態で肌寒かったです。
しかし水温は噂通り高く15度前後ありました。
天気は快晴で遠くには北アルプスの山々がくっきり見え、絶景をバックに竿が振れるのですが、前日の降雨の影響で雪シロが混ざり、午後から風も強くなり悪条件が重なりました。


初日は有名ポイントの眼鏡橋、中尾橋上下、宝山荘裏で釣り、夕マズメは旅館前のC&R区間で日が沈むまでやりました。釣果は安定した水温を保っている中尾橋から上流が一番反応よく坊主なしです。
風と雪シロでカゲロウの羽化が見えずライズも無い状況の初日でした。

 

2日目は新穂高温泉の登山者駐車場から入渓しました。
風もなく先行者もいない状態で魚のコンディションがよかったです。
伝承毛鉤、逆さ毛鉤、ドライのどれでも反応。型がいいヤマメ、イワナの混生でした。

 

右左俣合流点まで行き、左俣の最初に出てくる堰堤までダメもとでやったのですが、水温が低いなか三ちゃんがパラシュートで居つきの金ピカ岩魚をあげました。そしてラストの堰堤下のプールでは渓山さんが逆さ毛鉤で良型をバラシ!そして私も深く沈めた逆さ毛鉤で派手なアクションをかけて良型を掛けましたが手元でバラシ・・・毛鉤ごともっていかれました。


平湯温泉の「奈加勢」で飛騨牛ホルモンとうどんを食べて14時に出発。小仏トンネルで事故渋滞に巻き込まれ18時過ぎに解散となりました。


 

小菅川上流で竿を振る

323日土曜に渓山さんと山梨の小菅川へ行ってきました。
10時過ぎに渓山さんとC&Rの駐車場で合流。今日は源流の雄滝上流を狙おうとのことで、小菅村の中心部を抜けて大菩薩方面へ向かう。


天気は予報通りとなり気温は低く雨雲がかかっている。奥多摩湖近辺で気温は6度、小雨交じりだった天気だが、ここへ来て急激に気温が低下。気温は3度、小雪散る天気となった。舗装されていた道も狭い砂利道へ変わりぐんぐん高度を上げていく。観光名所の白糸の滝、雄滝には綺麗なトイレが完備され、広い駐車場には釣り人らしき車が止まっている。
ここら辺は渓が狭いので先行者を追っての釣りは厳しいとの判断をし、Uターンして多摩川源流森林隊という杉の造林地から入渓することにした。杉林を抜けて河原に降り立つ。瀬と淵が交互に出てくる渓相だった。淵を覗くとチビヤマメが固まって底に付いている。やはりまだ活性は上がっていないようだ。しかしたまに瀬尻についたヤマメが我々の姿をみて右往左往する魚もみかけた。渓山さんは竿を出さずに「寒い、寒いと・・・」私をガイド。

 

ちょっと油断をすれば回りの枝に毛鉤を引っ掛け、回収不能状況になる。寒さで指先の感覚が鈍り、毛鉤の交換にも時間がかかる。水温を計ると8度あり、ぎりぎりテンカラでいける水温だったが・・・間もなくして高巻き不可の大堰堤でここのポイントは終了。短い区間だったが、短いだけあり釣り人が然程入らない穴場区間とのこと。
それではC&R区間の前回の退渓したところから上流をやろうということにし、下流の玉川キャンプ村を目指す。昼食を食べてキャンプ場から入渓する。相変わらず寒いが上流より幾分温かく感じ、日も時々出てくるようになった。C&R区間だけあり頭上が広くラインを飛ばし易い。目の前の大きな良淵を狙う。

 

対岸の深みに十分毛鉤を沈ませたいので、かなり上流に毛鉤を打ち流れに載せ自分の正面にラインが来たときツンツンと誘いをかける。深場を通り抜けた毛鉤がかけ上がりに出てきそうなところで、誘いをかける手にグン!と手ごたえがあった。ラインがどんどん引かれ、私も足場のよい砂地に移動。十分引きを味わい、ネットインしたのは8寸ほどのイワナだった。シーズンオフ中に作ったタモへの初の獲物、魂入れが出来ました。


リリース後にその上流の落ち込み際にあった緩流のスポットを狙う。小さなポイントなのでピンスポで毛鉤を入れ、先ほど同様にツンツンと誘いを掛けると素早くラインが引かれた。水の中を暴れまわってキャッチしたのは22cmほどのサビが残っているヤマメだった。
渓山さんもスイッチが入り丹念にポイントを探っている。私が上のポイントをやっていると、「釣れたよ!」と魚をぶら下げている。9寸クラスのパーマークがはっきりしているヤマメだった。やはり毛鉤を深く沈ませたとのことで、まだ魚は流れには入っていないようだ。


その後ライズしていた良型のニジマスを釣り上げ、毛鉤に反応するが一向に食いつかない魚と長時間格闘、日が傾いてきた15時半に終了とした。
この時期は早い時間帯より昼過ぎて水温が緩やかになってくる頃がよいようだ

小菅川の解禁日

3月2日土曜日、山梨の小菅川へ解禁釣行に行きました。
前日に参加連絡をもらった三ちゃんを青梅駅でピック、解禁イベントの会場の金風呂地区にある「すずめのお宿」駐車場で渓山さんと合流しました。釣り開始は正午からなので各店のブースを一巡り。
ハンドメイドルアーやアクセサリー、地ビールなど開始時間まで暇つぶしする釣り師で賑わっていました。私はベストに着けようとヤマメを型とったアクセサリー、渓山さんは自作タモに埋め込むようで小型のアクセサリーを購入しました。

 

小菅川は我が家からも90分とアクセスもよく、ヤマメの里と言うだけあって漁協もしっかりしてそうだし、C&R、有料釣り場、源流部そして温泉と多彩な遊びが出来るので、今年は年券を購入しました。
イベント会場下の河原に車を移動させると既に数十台の車が駐車されており、車の前で皆さん椅子に座りながら日向ぼっこ。我々も早めの昼食をとりながら釣り支度。渓山さんは新しい竿を早く振りたいのでウズウズ。三ちゃんも久しぶりのテンカラでキャスティングの確認。
正午が近づくと目星をつけていたポイントを陣取った。お昼ですよー!の村の合図の音が流れると、一斉に竿を振り出した。ここはC&R区間のためルアー、フライ、テンカラのみ。


 

開始から1分もしないうちに渓山さんが良型ヤマメを釣り上げた。魚は放流されて間もないので一箇所に固まっている。水温も低く川底の深いエグレに魚影がある。一番釣れているのがルアーだった。アピール度が高いので放流直後の魚にはキラキラが効き目あるようだ。毛鉤を交換してひとつのポイントを狙うより、移動しながら稼いだほうがよさそう。人気がない場所を選びながら上流に向かって行く。
渓山さんが上流でまたヒット!「ここにうじゃうじゃいるからやってみなよ」とポイントを譲ってもらった。


 

深さ2mくらいだろうか?魚の動きがよくみえる。毛鉤をビーズヘッドに交換し上流へ打ち込む。竿を寝かし、ラインにテンションをかけないでビーズヘッドの重みでどんどん底へ送り込む。今回のラインは黄色のテーパーラインで糸が引かれていくのが良く見えた。蛇行しながら水中へ送り込まれるラインのスピードが一瞬速くなった。これを見逃さないで大きめに合わせをする。川底からキラキラした魚体が上がってきた。竿をたてて取り込むと9寸ほどのヤマメ、今シーズン初の釣果となり大満足。


 

堰堤を過ぎると渓相も一変し人気もなくなってくる。良いポイントはあるけど活性がある魚はいないようだ。ここも足場が悪くなるので成魚放流はしていないようだ。時々フライマンがいて淵に溜まる魚を釣り上げていた。日も傾き気温も随分低くなってきたのでキャンプ場横の橋から退渓。スタート地点に戻ることにした。

スタートした河原の車も半減していた。何故かテンカラ師ばかりになっている。ここは足場もよいので普段着姿でテンカラをする人もいる。まだ釣果がない三ちゃん。色々なポイントを歩きながら探していたが、
流芯の深い底に張り付いている魚をビーズヘッドでゲット出来た!


16時となり指先も痛くなるほど冷えてきたのでこれにて終了とした。
この時期に毛鉤で釣ることが出来て3人大満足のシーズンスタートをすることが出来ました。
あと一月もすればドライにも反応すると思います。

真木川

15日(日)三ちゃんと大月の笹子川支流真木川へ釣行しました。
天気予報では春の嵐になるとのことでしたが、小仏トンネルを抜けると見事な青空が広がりました。
9時に立川駅で三ちゃんをピックアップ。マスコミの大袈裟な天気予報で外出を控えたのか、中央道は詰まるところも無く1時間で大月に到着出来ました。コンビニで入漁券と昼食を購入し、真木川に沿う林道を進みます。
入渓地点の源流部を目指していましたが、途中でゲートがかかり隣接する駐車場にも3台の車があったため源流を諦めることにし、1キロほど下った上流部を狙うことにしました。(後から知りましたが、駐車場の車は登山者のものが多いとのことでした)

 

支度を済ませて11時に入渓。渓相は山岳渓流の急な流れです。急なだけあり堰堤も多いのですが、情報によると堰堤間にもしっかり放流しているとのことで期待していたのですが・・・・
伝承毛鉤でスタート。釣り進んでいると濁りもとれ減水し気温も上昇してきたので#14のブラックパラシュートに交換しました。ポイントだらけの渓相ですが進めども反応なし。

 

荒瀬を流していると水面から反転ジャンプで毛鉤に飛びつく良型ヤマメがいましたがバラシしてしまいました。しかし三ちゃんが堰堤下サイドの溜りで8寸強の綺麗なヤマメを釣り上げました。#12の黄色ボディーのパラシュートでした。


2人で上流部のポイント全てを探りましたが、三ちゃんの一匹で退渓です。
「ニッパ持っていますか?」と三ちゃんの指を見るとガッツリ針が貫通、カエシがある針で抜けないとのこと。ニッパがないのでダイヤモンドヤスリで試したものの効果もなし。集落まで車で下りて、日向ぼっこしているおじさんに事を告げてニッパを借りました。釣りをするとのことで真木川と笹子川のポイントもゲットできました。(真木川はまだ漁協が放流していないのでは?とのことです。ゲートの上流へ行けば魚が濃くなるとのこと。)


16時から笹子川でマズメを狙いましたが、風も強くなり気温も低く17時過ぎに納竿。帰りもすんなりと立川へは19時に到着です。